百楽門、冴と鶏のそば粉焼き




ご訪問ありがとうございます

毎週月曜と金曜に更新しています。



「百楽門」 冴 特別純米 超辛  奈良県:葛城酒造

063_201504020917335a2.jpg

日本酒度+10の超辛・・うん、しっかり辛口だ@@

もちょっと旨味がのりますように~^^




キレのよいしっかりした辛口の酒に

「鶏のそば粉焼き」

066_20150402091735ad4.jpg

鶏ももをかえしに1時間ほど漬けてそば粉をはたいてグリルで焼きます。

山椒を天に盛って・・

山椒と一緒に超辛を飲むと辛みが際立つね~^^;




ちなみに↓コチラ単体でも実をつけるらしい朝倉山椒^^

今年も花芽?が出てきました~^^♪
(昨年はいつのまにか落ちちゃったので実にならず><)

019_201504051626497fe.jpg






そしてもう一鉢のトゲトゲの山椒にも今年はじめて花芽?がつきました^^/

どうやら雄花っぽいです。

単体では実にならないのこれで終わっちゃうんでしょうね~・・

060_20150405163438f15.jpg


花山椒ってこれなのかな^^?





にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへにほんブログ村へ   人気ブログランキングへ

応援クリックありがとうございます~


スポンサーサイト
00:00 | 奈良県 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
4月5日の仕入れ | top | 鯉川、鉄人と若竹煮

コメント

#
う~ん、なるほど・・・。。
超辛口のお酒と山椒の葉の味を想像してみて
唸ってしまいました~笑
そば粉をはたくとどんな感じになるのかな~?

山椒、いろんな種類を植えているんですね^o^
知識がなくてお答えできなくてゴメンね^^;
by: のん福レオのお母さん | 2015/04/06 11:02 | URL [編集] | page top↑
# のん福レオのお母さん、
唸っていただいて
ありがとうございます(*^_^*)
そば粉は焼いちゃうので
そばの香りとかは特段しないんですが、
粉をはたくことで食感が
香ばしくなる気がします。
ホントはこれにそばの実の炒ったものをのせると
プチプチ感が加わってよいんです^^。
山椒いえいえ、自分も知識
ゼロなもんで・・(^^ゞ
by: ゆぼぼ | 2015/04/06 17:46 | URL [編集] | page top↑
# すーぱーどらい?!
そういえばワタシ「ジューシー&フルーティー」なお酒しか買っていないかも!
そっか、超辛はボリュームのあるお料理に合うんですね♪
おし、今度見付けたら買ってみます。
山椒と花山椒は種類が違うような気が・・。
香りも味も中華の花山椒の方が強いですよね~
それとも梅の木みたく、中国と日本と土壌が違うと味が変わってしまうのかも?
うむむむ・・・わしも詳しくなくてスイマセンv-411
by: いとうとしこ | 2015/04/06 21:24 | URL [編集] | page top↑
#
超がつく辛口ってどんなのかなぁ♪
興味あります♪

グリルで焼くと自然な油で焼けるからヘルシーですよね。
手羽先をグリルで焼くのは、ゆぼぼさんのを拝見して
作るようになりました♪

花山椒、ぐぐって画像見たら、似てますね♪
そーなのかと思いました~じぇんじぇん詳しくないので!

生の山椒の香りいいでしょうね~
早くシソでて欲しいです(^_^)v
by: しあママ | 2015/04/06 23:57 | URL [編集] | page top↑
# としこさん、
そうですね。
ジューシー&フルーティーなお酒はアテいらず・・
重いお酒は肉系とか濃いアテが合う気がします。
重いお酒は単体で堪能するタイプでなく
食べ合わせで印象が左右されるのかな?
その分、チョイスもむずかしそうですね。
そっか@@中国の花山椒とは違うんですね。
あれは辛いですもんね~(^^ゞ
by: ゆぼぼ | 2015/04/07 06:00 | URL [編集] | page top↑
# しあママさん、
超がつく辛口は本当はもっと辛いと思いますが
冴はそこまでの辛さはなく、
知ってて飲まなければ超辛口とわからない
程度だと思います。ってわかりずらい?(^^ゞ
まあグリル・・ありがとうございます。
G展までに脂落とさなくっちゃ(笑)
しあママさんのおうちはシソがあるんですね^^
しそもちょっと添えると香りが楽しめますよね~♪
ミョウガとか、日本の薬味大好きv

by: ゆぼぼ | 2015/04/07 06:03 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sakeate.blog.fc2.com/tb.php/150-5dadb1d1